しん整形外科について

当クリニックは、大分県別府市で2011年5月16日(月)に開院した外来専門のクリニックです。 「整形外科」「スポーツ整形外科」「リハビリテーション」を軸とし、 「一般整形外科疾患」「スポーツ傷害」「骨粗鬆症」に対する治療を行っております。 トレーナーや理学療法士が約10名常勤でおり、 「スポーツ傷害(スポーツに起因したケガや故障)」に対しての保存治療・リハビリ治療を得意としております。 当院の特徴としては、第1に、患者さん各々の自然治癒力を促しサポートし、 できるだけメスを入れずに治るように、 リハビリ(運動器リハビリテーション)に力を入れているところです。 リハビリ用の機器が多数ございますので、個別に専用プログラムを作成し治療を行っています。 第2に、2019年4月からは、週2回ですが「スポーツ外来」を新設。 当院の得意分野である「スポーツ傷害の治療」に関して、これまで以上に力を入れていきます。 特に、部活をしている学生の方が、学校生活に支障が出ないようにするため、夕方の時間帯で行っております。 第3に、同月より「オンライン診療」を導入。 スマホやパソコンからインターネットを利用し受診が可能ですので、 遠方の方やご高齢でなかなか受診できない方、忙しく通院時間が取れない方などの 受診方法の選択肢を増やし、通院が中断してしまわないようにサポートしていきたいと考えております。

クリニックで大切にしていること

私たちは誰でも生き甲斐を求めて生活をしています。 その貴重な時間を病気やケガで費やされてしまうことは大変嫌なことです。 学生のクラブ活動、社会人のサークル活動、また、健康のためにスポーツを始める中高年の方々など、 スポーツの普及に伴いケガや故障に悩む人は少なくありません。  医療従事者の使命は、病気やケガに対して適切な治療をすることは勿論のこと、 一日も早く元の生活に戻してあげることが大切と考えています。 ですから、全スタッフが協力し、皆様がより早期に 元の日常生活やスポーツに復帰できるようにサポートしていきます。 皆様が安心して生活が送れますように、末永く「かかりつけ医」としての役割を担いたいと考えております。 誰もが気軽に立ち寄れるクリニックを目指しています。 小さなことでもお気軽に来院しご相談ください。どうぞ宜しくお願い致します。

医師紹介

  • 院長・理事長

    秦 祥彦 (Yoshihiko Shin)

    日本整形外科学会認定 整形外科専門医
    スポーツドクター(日本整形外科学会認定、日本医師会認定、日本スポーツ協会公認) 一般社団法人 日本健康機構認定 緩消法インストラクター 3TO(VHO)巻き爪矯正ライセンス取得医 大分県空手道連盟 スポーツ医科学委員会委員 大分県卓球連盟 常任理事、強化部スタッフ 元、日本卓球協会 ナショナルチームドクター 平成2年 別府青山高等学校 卒 平成8年 大分医科大学 卒 平成15~21年 西別府病院 整形外科医長 平成22年 新行橋病院 整形外科部長 平成23年 しん整形外科リハビリステーション&スポーツクリニック開院